農地転用許可制度

最新の農地転用許可制度のご紹介

平成25年3月31日に通達が出た農地法により、農地に太陽光発電を導入するための一時転用許可制度が実施され、営農をしながら売電できるようになりました。ですが、「太陽光発電は金額が高い」と言うイメージがあるため、導入に踏み切れないという方も多くいらっしゃいます。こちらでは、太陽光発電の一時転用許可を取得するために必要な条件をご案内します。

農地法第5条の規程による一時転用許可申請について

最新の農地転用許可制度

近年、営農を継続しながら支柱を立てて太陽光発電パネルを農地に設置するタイプの設備が開発、実用化されてきています。そこで、農林水産省は簡易的な構造で容易に撤去が可能な支柱に限定して、その支柱の基礎部分を一時転用許可の対象とすることを決め、2013年4月から実施しています。

  • 支柱の面積が必要最小限でなおかつ適正な場合
  • 太陽光パネル下部の農地で営農が継続されることが確実な場合
  • パネルの設置角度や間隔が、農作物の生育に最適な日照量を保つ設計になっている
  • 支柱の高さや間隔が、農作業に必要な農業機械などを効率的に活用できるスペースを
    確保している
  • 設置している周辺の農地の利用、農業用の用排水施設などに支障を及ぼさない

なお、一時転用許可期間は3年と決められており、その間、営農が継続されていると判断されなければ、再許可されることはありません。

  • 営農が行われていない
  • 太陽光パネル下部の農地における単収が同じ年の地域の平均単収に比べ2割以上
    減少している
  • 生産された農作物の品質が著しく劣化している
  • 必要な農業機械を効率的に利用するのが困難
  • 太陽光パネル下部の農地で生産された収量などを報告する義務(年1回)を怠った

詳しくは農林水産省のプレスリリースを確認

農地を活かした新しい太陽光発電かかしでんでん お問い合わせはこちら

かかしでんでんの特長

農業収入と売電収入も確保できる

農地にやさしい独自工法

農地への設置以外にも活用方法は様々

初期費用・維持費用0円でも導入可能!!

売電価格の一部を還元!設備資金は全て当社負担

設置事例

  • あぜ道への設置
  • 牧場への設置
  • 車庫・カーポートとしての設置
  • 一般住宅への設置
  • おくだけでんでんの設置

初期費用0円!土地だけあれば設置可能!!お電話でのご相談・お問合わせ 0533-78-2231

初期費用0円!
土地だけあれば設置可能!!

お電話でのご相談・お問合わせ 0533-78-2231

お問い合わせ・資料請求はこちら

設置対応エリア

  • 農地転用許可制度
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • 運営監修会社概要
  • Gテクノ株式会社

Copyright © Gテクノ. All rights reserved.